シンガーソングライター・ギターリストMikoto

ヒストリーHistory

ポップアップアーティスト・子どもギタリストのみこと
ヒストリー

ギターを購入してからは毎朝30分・夕30分の練習をし、小学1年3学期からは夜に1時間を追加して、一日合計2時間の練習をしている「Mikoto」。

ギターの練習をしなかった日はインフルエンザで寝込んだ数日程度。

そんな彼女の今までの記録。

Background

2007/06/12 愛知県岡崎市で誕生
2011/06/12(4才) ラジコンメーカー ヨコモの社長より誕生日プレゼントとして本格的なラジコンを手に入れ毎日練習をはじめる。
2012/06/12(5才) 誕生日プレゼントとして任天堂3DSを買ってもらうが、買ってもらったソフトはポケモンタイピングだけ。
(タイピングゲーム)のみで6才になるまでの1年間、毎朝5時30分~6時までブラインドタッチを行いゲーム攻略を5回転する。
2013/06/12(6才) 誕生日プレゼントでギター(MORRIS LA-22C)を購入してもらいギター教室に通うようになる。
2013/09 ある日、父親の弟がジャンクギターを大量に持ってきた。
そのジャンクギターの山の中にトップ板に加工痕があるジャンク状態のK.YAIRI YF-018を発見。家族全員ともギターの知識がなかったためK.YAIRIのロゴを見ても何も思わず処分される寸前だったのだが修理して弾いてみるとその音色に惹かれたため購入をしMORRISにかわりYF-018を弾くようになる。
その後、父親が趣味でより良い音、より弾きやすいギターを探す為、様々なメーカーのギターを購入してきては、試奏をさせられるが結局はK.YAIRI YF-018が一番しっくりくるようで愛機としてYF-018 を弾いている。
2014/06/12(7才) アリア・ギタレレG-UKEを誕生日プレゼントとしてもらう。
2014/07 小学1年生の夏休みの自由課題ではK.YAIRIの工場見学に行き、受付事務所でギターの演奏を披露する。ギターの製作工程を自由研究として製作して学校に提出
2014/10 父親の経営するラジコンサーキット場にくるお客さんが、実はライブハウスでギターの弾き語りをする人と知り、一緒にライブハウスの見学に行く。
その場でオープンマイクという自由参加のライブに出演する予約をする。
2014/10 初めてのオープンマイクは安城市のカフェB+。父親の友人であるダンサー 西尾義弘と出演。
その際に西尾氏の提案で背中でギターを担いで弾けないかと言われ、試してみると弾けたので、それを特技として披露する。
ライブデビューをしてからは月に2回~4回のペースでオープンマイクや企画ライブの参加活動が始まる。
2014/11 豊田おい伝祭り実行委員長の勧めで「豊田スタジアムBIGフリーマーケットinよさこい」にて演奏
2015/04 島村楽器主催 アコパラに参加
2015/05 島村楽器岡崎店よりアコパラの店予選通過の連絡をもらい中部ファイナルの進出が決定
2015/05 島村楽器主催 アコパラ 中部ファイナルにて ベストプレイヤー賞・オーディエンス賞をW受賞
2016/01 PitchFM83.8 「Wカホンズ俺たちの部屋」にて、みことのコーナーにレギュラー出演が決定
2016/03 毎月第4土曜日 安城ホコ天きーぼー市会場にてライブを毎月行う事が決定
2016/04 島村楽器岡崎店よりアコパラの店予選通過の連絡をもらい2年連続で中部ファイナルの進出が決定
2016/05 島村楽器主催 アコパラ 中部ファイナルにてベストギタリスト賞受賞
2016/08 24時間テレビ39 中京テレビTSUNAGU交響楽団のギタリストとして参加
2017/02 岡崎市政100周年イベント エナジーフェスに出演
2017/03 人気の全国放送・にじいろジーンに出演
2017/04 島村楽器主催 アコパラ 中部ファイナルにてベストギタリスト賞受賞
2018/04 島村楽器主催 アコパラ 中部ファイナルにてオーディエンス賞受賞
2020/11 人気の全国放送「アメトーク」にて、フットボールアワーの後藤さんより「天才ギターリスト」として紹介される。